研究プロジェクト・研究費

【現在進行中】 

●2018~2020年度:
日本学術振興会・科学研究費補助金:基盤研究(A)
「海洋炭酸系物質の時空間高解像度マッピング技術の南大洋への展開」

研究代表:渡辺豊  

 

20162018年度:

受託研究:海洋生物環境研究所

「放射性炭素分析技術検討に関する調査」

研究代表;渡辺豊

 

********************************************************************************************************

【2017年度以前】

●2015~2017年度:
日本学術振興会・科学研究費補助金:基盤研究(B)
「海洋の炭酸系物質の準リアルタイムな時空間高解像度マッピングの展開に関する研究」

研究代表:渡辺豊

 

20122016年度:

日本学術振興会・科学研究費補助金:新学術領域研究

「海洋生態系における放射性物質の移行・濃縮状況の把握」(研究分担)

研究代表;神田穣太 教授(東京海洋大学)

 

●2013〜2014年度:

住友財団

「アジア周辺諸国からの人間活動起源窒素負荷量の北太平洋における動態解明」

研究代表:渡辺豊

 

●2013~2014年度:
日本学術振興会・科学研究費補助金:挑戦的萌芽研究
「海水中の脱窒・窒素固定量の高確度同時見積り法の開発に関する研究」

研究代表:渡辺豊

 

20122014年度:

キャノン財団 

「凍る海の豊かな生態系を生み出す機構」(研究分担)

研究代表:西岡純 准教授北海道大学)

 

20102014年度:

日本学術振興会・科学研究費補助金:基盤研究(S) 

「オホーツク海と北太平洋亜寒帯域をつなぐ熱塩/物質循環システムの実態解明」(研究分担)

研究代表:若土正曉 名誉教授(北海道大学)

 

20102012年度:

日本学術振興会・科学研究費補助金:基盤研究(A)

「海洋の気体交換フィードバックシステムと生物生産応答に関する研究

研究代表:渡辺豊

 

●2010~2011年度:
日本学術振興会・科学研究費補助金:挑戦的萌芽研究
「海洋における二酸化炭素吸収変動量の高確度決定法の開発

研究代表:渡辺豊

 

20082012年度:
文部科学省 科学研究費補助金:基盤研究(S) 



「潮汐混合の直接観測と潮汐18.6年振動に関わる海洋・気候変動の解明」(研究分担)

研究代表:安田一郎 教授(東京大学)

 

●2008~2009年度:
文部科学省 科学研究費補助金:萌芽研究
「窒素とアルゴンとラジウムを用いた高確度な海水中の脱窒速度決定法の開発に関する研究

研究代表:渡辺豊

●2007~2009年度:
文部科学省 科学研究費補助金:基盤研究(A)
「両極域環境変動における海洋海氷陸面大気システムの役割」(研究分担)

研究代表:池田元美 教授(北海道大学)

 

●2006~2010年度:
文部科学省 科学研究費補助金:特定領域研究
「海洋の温室効果気体の長期変動と気候へのフィードバック効果

研究代表:渡辺豊


●2006~2008年度:
文部科学省 科学研究費補助金:基盤研究(B)
「北太平洋高緯度海域のDMSフラックスの動態解明に関する研究」
研究代表:
渡辺豊

 

●2006~2007年度:
文部科学省 科学研究費補助金:萌芽研究
「窒素とアルゴンを用いた高確度な海水年齢決定法の開発に関する研究」

研究代表:渡辺豊

 

●2005年 

岩谷科学技術研究助成:

「海水中二酸化炭素成分観測機器の小型化・低コスト化に関する開発研究

研究代表:渡辺豊

 

●2004~2006年度:
文部科学省 科学研究費補助金:基盤研究(B)
「北太平洋亜寒帯域の鉄濃度が生物生産と二酸化炭素収支に及ぼす影響に関する研究」(研究分担)

研究代表:小埜恒夫 室長(水産総合研究センター)


●2001~2005年度:
環境省 地球環境総合推進費:
「太平洋域の人為起源二酸化炭素の海洋吸収解明に関する研究:太平洋の海洋中深層トレーサーデータ解析による長期的に酸化炭素吸収量の解明に関する研究

研究代表:渡辺豊


●1997~2001年度:
文部科学省 科学振興調整費
「北太平洋亜寒帯循環の構造と変動の解明:化学トレーサーを用いた亜寒帯循環の検出に関する研究

研究代表:渡辺豊