大学院生を募集中

大学院生を広く募集しています。 


●水の惑星・海の研究をしてみませんか?

●大気海洋化学、地球環境、物質循環の世界を研究してみませんか?

●二酸化炭素、微量気体成分や栄養塩などを採取・分析し、地球環境問題・気候変動に対する海洋の役割を明らかにしてみませんか?

 

海の表層から深海まで、そして、全地球規模から南極海・オホーツク海までの空間規模で、炭素循環・窒素循環の統合的研究を行っているのは日本ではここだけと自負しています。化学的手法を用いて地球系システムを解き明かすことは、エキサイティングで意義があります

 

   ●現在の研究内容     ●研究・教育方針      ●研究姿勢

 

一緒に研究をしていく意欲のある大学院生を募集しています。大学、学部は問いません。なにより、この分野に興味があり、やる気があることが大事です。基礎がなくとも、一から勉強できます。

 

【学部が化学系を学んできた人】

大学教養程度の一般化学と語学の学力がある人でしたら、ここで、博士前期 課程(修士課程)の研究をスムーズに始めることができるでしょう。ただし、化学系からの進学者は自分の修士論文のテーマに関連のある地球環境科学の分野について、他専攻の講議などを受講して理解することが求められます。

 

【学部で地球科学系・生物科学系・その他の専門を学んできたひと】

地球科学系、生物科学系、その他の専門(理学部(化学系以外)、工学部、農学部、水産学部など)からの化学系外進学者も歓迎します。ただし、修士課程期間中に地球化学、大気・海洋科学、分析化学の基本について学習することが必要となります。

 

入学試験は毎年8月、10月、2月に実施しています。

入試前の訪問を歓迎します。少しでも興味のある方はぜひ、E-mail等でご連絡をください。

 

●入試情報

 

        ●本コースのこれまでの試験問題はここから入手できます。

 

   参考:本専攻と渡邉のtwitter

 

 

問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です